メイクの癖

一言にメイクといっても、人それぞれやり方はいろいろです。私の友達は昔からメイクが大好きで、彼女の母親のメイク道具を使っては小学校のころからメイクを楽しんでいました。学校とかにはしてきませんでしたが、家でお母さんにメイクを習ったり自分で塗ってみたり、少し大人びた子でした。そのせいなのか、アイラインを引くとき目を開けたまま書くんです。子どもの頃目を閉じて書くという事が念頭に無かった為こんな癖がついたようです。それでも綺麗にできてるのでまったく問題は無いと思うのですが、雑誌などに出ているメイクの仕方を見て驚いたそうです。え、目を閉じて書くの?って。それを知って以来、目を閉じて書くことに何度か挑戦したようですが、やっぱりついた癖は簡単に直らず、今までどおりが一番上手くいくそうです。チークの乗せ方やシャドウの乗せ方も人それぞれです。それぞれにいいところがあるし、人によってやり易い方法、向きというのがあります。それをいろいろ試してみて自分にあったメイクの仕方が出来ればいいと思います。いいところは遠慮せずに真似するべきです!持ちやすい持ちにくい、色の合う合わないもあると思うので、とりあえず試してみるのがいいかと思います。

腹を割って付き合える友達

昔友達に言われた言葉なんですが、時間がないんだよねはいいわけだと言われました。時間は無いわけじゃない、作ろうとしないだけでしょって。気の強い子で、なんでもはっきり言うし隠さない、その分いい事も言うし悪いことも言う。でも正直なので嘘が無くてとてもいい子です。その言葉には裏が無いと思うので、ある意味いつもありがたいと思って聞いてます。行きたくない所に誘われたとき、やんわり断ろうと「時間ないんだよね」と断ったのが始まりでした。そういった断り方は、気の知れない友達や気を使わなくてはいけない相手でいいよ、興味が無いなら興味が無いで大丈夫って。仲がいいだけに正直でいいんだよと言ってくれました。嫌いな物は嫌い、それならそれでいいじゃないかと、皆の好きな物が一致するとは限らない、そういう子です。なので今はなんでも正直にはっきりと言えるお付き合いをしてます。興味がなくても挑戦してみてもいいと思うことはあります。言葉の裏に隠された物がない友達がいるとなんだかほっとします。表面だけのお付き合いも必要だけど、腹を割って話せる友達がいるという事はとても心強い物です。いつまでも正直で、隠し事の無いこんな関係が続けばいいなと思える友達です。

恥ずべき事ではないと思えたとき、前に進める

失敗を恐れていては前に進めないとよく言います。言いたいことは良くわかります。失敗から学ぶ事はたくさんあるし、ミスした事によってわかる度合いという物もあります。ネイリストの友達が、ある日ペディキュアをしている時、本に熱中していたお客さんの足を削りすぎてフットバスを血だらけにした事があると言っていました。まだ学校で習っている最中だったのと、怪我自体たいした事が無かったので良かったのですが、それ以来少し怖いと言っていました。でも、その失敗のおかげでどこまで突き進めていいのかを学んだと言っていました。行きすぎて初めてわかった事だと。怖いけど、要領がわかった分、いまやお店では一番足裏の処理が上手いそうです。だれもが失敗をおかします。ミスする事もたくさんあります。でもそれを恐れていては前に進めないんだと、彼女も言っていました。そんな事をいえる彼女がすごいと思えると同時に、私もそんな風に言える立派な女性になりたいと思えるようになりました。かといっていきなりどんどん突き進んで失敗ばかりするわけには行きません。でも前に比べたら、失敗をおかしてはいけないという怖さからは少し解き放たれた感じがします。失敗する事は恥ずかしい事だと思っていましたが、そうではないんだと。この気持ちを忘れず頑張っていきたいと思います。

大空から見る私達

鳥のように空を飛べたらいいなと子どものころ良く願っていました。夢で見る空を飛ぶ夢を見ると起きるとなんだかもったいない気がしてしまうほどでした。それでも嬉しい気持ちになり、その日は一日うきうき気分で過ごせた事を覚えています。今は大人になって、そんな事は夢物語だとわかっていますが、子供の頃はいつか人間も鳥のように空を飛べる事が出来るようになると信じていました。近い将来でなくても遠い未来に、いつか技術や方法が見つかって自由に空を飛べる事が出来たらいいなと今でも思います。なのでファンタジー小説を読むのが大好きです。ペガサスに憧れ、背中に乗って空を飛んでいる夢を何度も見た事があります。空を飛べる機械とか、近い将来は無理でも遠い未来に、今の世界の科学発展なんかを考えるとそんな物がいつかは出来るんじゃないでしょうか。近いものでは熱気球とかハンググライダーがありますよね。スカイダイビングは落ちていくのがメインなのでちょっと違うと思うんですよね。大空から眺める景色は心を大きく豊かにしてくれます。そして自分がいかに小さいかも教えてくれます。世界感、人生観を変えてくれる大空は、いつまでたっても憧れの場所であり続けそうです。

芯の強い素晴らしい人

周りのみんなと違う道を選ぶのは、結構大変なことです。社会人になってまた学校に通ってみるとか、変わった仕事をしてみるとか、ごく一般的に考えられる生活とは違う人生を歩んでいる人はすごいなと思います。周りからの反対もあったでしょう。親からの心配もあったことでしょう。結婚してれば相手から止められることもあるでしょう。それでも自分の進みたい道が正しい、どうしてもやり遂げたいと強く思う想いはとても素晴らしい物です。古くからの友人で、一般企業に就職して数年になる人がいます。彼女は私より数個年上で、とても凛とした女性です。彼女は昔看護師になりたかったけど、学校に受からず一般進学を余儀なくされました。その後もどうしてもその夢があきらめきれず、看護師になるために本をたくさん借りてきては自己学習を進めてきていました。でもやはり学校に通うのが常。一念発起して会社を辞め看護学校に行くことを決めました。社会人になってから改めて学校に行くとなると、若い人たちの中で少し浮いてしまうと言っていましたが、それもわずかな期間だと思えば、それで夢が叶うのだと思えばたいした事は無いと言っていました。そうやって思いを貫く彼女を見て、私も私なりに頑張っていこうと思わされる毎日です。

空へ舞い上がる私の夢

最近、日本または世界の色んなアクティビティーを調べるのが一種の楽しみで、旅行雑誌、旅行パンフレット、もちろんネットで色んなものを見ては、挑戦してみたくなったり、驚いたり、絶句したりしてます。おっそろしくなるようなアクティビティーもあって、ちょっとびっくり。いろいろある中で、これは死ぬまでに一回は経験してみたいと思うのが熱気球です。誰もが皆一度は夢でみた事があるんではないんでしょうか、空を飛んでいる夢です。私も何度も見た事があります。熱気球も、空を鳥のように羽ばたくというわけには行きませんが、あの高さに、飛行機やヘリコプターではなくて、言うならカバー無しの状態で空へ舞い上がっていくなんて、一番鳥に近いと思うんです。でも結構費用が高いので、一生に一回だと思ってるんです。体験談とか読んだりしていると、誰一人止めといた方が言う人はいませんでした。もちろん高所恐怖症の人は止めといた方がいいと思いますが・・・。飛行場所も色々で、街の上空をすすむ旅と、森や川などの自然の上を行く旅がある。どっちかなぁと思ったりもしましたが、せっかくなら自然の上を飛んでみたいと思います。ビルや人ごみ、車の流れを見るより、きっといい気分になれると思うんです。いつか叶えたい、私の夢です。

手抜きデザートのいいところ

お菓子作りが好きだけど、時間のかかるのとか、手間がかかるのは面倒なので、最近では電子レンジや炊飯器を使ってお菓子作りに励んでいます。オーブン温めたり湯煎にしたり、昔は誰かのために時間をかけることもありましたが、最近はめったにしなくなりました。ごくまれにしますけどね、例えば誰かのお誕生日とか、そういう特別な日には手間と時間をかけて、自分が出来る精一杯の力でいいものを作ります。でも、自分で食べるのにそこまでは・・・と思うようになったんです。近頃は簡単お菓子作りとして、いかに手間を省いて作るかなどのヒントやこつが、雑誌の片隅などに書いてありますよね。そういう本も出ているぐらい。なので、自分用にはそんなので十分なんです。毎日作るわけじゃないけど、ふと甘いものが食べたくなった時はぱっと作れる、そんなのがいいんです。練ってまるめて冷蔵庫で寝かせて・・・なんてやってるうちに食べたい気分も失せちゃうんです。レンジでプリンがここ何ヶ月かの大ヒットです。プリン大好きだし、手軽だし、タマゴはいつも家にあるし、とっても簡単。あとは蒸しパンとかいいですよね。手間とりデザートもいいですが、もっともっとお手軽簡単デザートのレシピを増やしていきたいと思います。

私の大事な本たち

本を読むのが大好きで、小説を読んで集めるのが趣味の一つです。ですが家もそんな大きくないし、量が増えた本は場所をとります。なので私が本を買うときは、必ず文庫本と決めています。同じ本でも文庫本とそうでない大きいのがありますよね。場所を取らずに助かるからです。見た目がかっこいいとかと理由でぶ厚い表紙の本を買った事が何回かありましたが、結局内容は同じなので小さい方が便利だと思うようになりました。カバンにもさっと入るし安いし。でも中には大きいのもあります。友達から誕生日とかでお祝いにもらったもの、友達が読んでよかったものなどで文庫本が無いものなどはサイズにこだわらず購入します。頂いたものは、物が大事というより頂いたから大事なのであって、大切にしまってあります。内容が面白いものだと尚更です。大好きな本の中には何度も読んでしまうものもあります。古くて黄ばんでて、しかもそんな本に限って古本屋で買ったとか、だれかのお下がりだったりする事が多くって。売れてるから良い本という一筋縄ではいきません。結局は自分が好きかどうかが大事ですから。そんな何度も読み返せることの出来る本にこれからも出会いたいなと思うばかりです。

飛行機って怖い?

海外旅行に行ってみたいと思うのですが、長時間飛行機に乗っている間何をすればいいんだろうと考えたりします。音楽を聞いたり、本を読んだり、夜の便だったりしたら寝るのが一番いいんでしょうが、10時間とかになると、それも飽きてきますよね?飛行機酔いしないかと考えたり、もし墜落したらどうしようと思ったり、なかなか怖くて思い切りがつきません。理由はそれだけじゃないんですが、飛行機代安くなったとは言え、まだまだ値の張るものですよね。だから結局格安旅行のパッケージで、国内旅行ばっかりしているのが現状。食べ物もおいしいし、新幹線移動かバス移動がほとんどなので、安心して乗ってられるのも国内旅行のいいとこなのかなって思ったりもします。でも、海外旅行した友達とかが、「あそこ良かったよ~」とか、「安くておいしいものが食べれるよ!」とか、「いい経験が出来るから行っておいでよ」と言われたりすると、やっぱりちょっと行ってみたい!お仕事のお休みの関係もあるから、一気に遠出は出来ないし、金銭的にも結構かかりそうだから(せっかく行くならいろいろ行ってみたり、食べたり、お土産買ったりしたい)、近場のところから行ってみようかなぁと考え中です。

熱中できるものは人それぞれですが

何かに没頭できるってすごいいいと思いませんか?なにかに打ち込めるのも若い証拠だと、以前聞いたことがあります。何かに打ち込む事に、体力が要るかはどうかは別として、そう考えてみると、歳を重ねると、「まーいっか」と思う事が増えたように思います。読書に没頭したり、スポーツに打ち込んだり、習い事をしにいったりと、なんだかんだいってまわりの人は何かとやってるなーと思い、私は何に没頭するだろうかと考えた時、一つだけ思い当たりました。パズルです。たかがパズルと馬鹿にする無かれ、結構集中力を使うので、頭の体操になっていると思うんです。本を読むならじっくり時間が取れる時がいいけど今は難しそうだし、スポーツをするほど時間も無いし、体力も無い(笑)。特にこれといって習いたい事もなければ始めたい事もない。でも、パズルをやっている時だけは結構真剣です。電話とかなっても結構そのままほったらかしだったりする。ご飯も忘れて何時間も続けた事もあるし、やりだすと止まらないんです。気に入った絵がベースになったものだと、何度も崩してやったりします。一つずつ当てはめていく作業は結構大変だけど、当てはまった時の感動は、きっとパズルをやった人にしかわからない!近々新しいのを買いに行こうかな~と考えたりしてます。

寝る前のひとときにケータイ小説はいかが?ジャンル豊富で手軽に読める!